1. TOP
  2. ProWrestling
  3. ICERIBBON
  4. アイスリボンマーチ2016(2016.3.12)観戦記(中)

アイスリボンマーチ2016(2016.3.12)観戦記(中)

そして休憩が終わり、セミファイ
ナルへ。インターナショナルリボン
タッグの防衛戦だ。無敗のベストフ
レンズ(藤本つかさ&中島安里紗)
に挑むのは、同タイトル最多防衛記
録を持つ.STAP(ドットスタップ・
世羅りさ&成宮真希)だ。
特に成宮はこれが同タイトル最後
の挑戦になる。Azure Revolutionと
いうチームを雪妃真矢と組んでいた
世羅が、雪妃に背中を押されるかた
ちでの再結成となった.STAP。どん
な試合を見せてくれるかに注目が集
まった。

CIMG7354
試合前に世羅はベストフレンズの
弱点を「強い」と表現した。それが
わからないまま試合が進む。進むに
つれ見えてきた。強さが打ち消しあ
う、つまり連携での誤爆を狙ってい
たのだった。それは何度もあった。
作戦通りだと世羅と成宮は思っただ
ろう。
しかし、ベストフレンズの強さは
その弱点を超えていた。というより
力づくで乗り越えていった感じの試
合運びで克服していった。ほぼ互角
だったが最後は世羅が力尽きた。
本当に素晴らしい試合だった。こ
の2チームの間でしかできない試合
だと思う。だが、.STAPはこれが最
後。有終の美は飾れなかったけれど、
改めて素晴らしいチームだという記
憶は残してくれるのには十二分な試
合だった。

CIMG7460

試合後のマイクで藤本は「危なか
った。素直にそう思います。.STAP、
解散もったいないね。でも、私たち
ベストフレンズにかなう相手いなく
ない? 正直、敵が見当たらないよ
ね。いやー、女子プロレス界、私た
ちベストフレンズに…」。
と語ったところで駆け込んできた
2人がいた。なんと紫雷イオと岩谷
麻優だ。会場は大きな拍手と歓声と
ブーイングが混じり合う状況。

CIMG7459

藤本「久しぶりですね。いやー、ア
イスのリングに似合わないわ!」
イオ「お久しぶりです。女子プロ界
のエース、紫雷イオです」
会場はブーイング。そこで岩谷が入
ってきて「皆さん、初めまして、ス
ターダムの岩谷麻優です。お見知り
おきを(ブーイング)」イオ「皆さ
ん大歓迎どうもありがとうございま
す」
藤本「なんですか?」
イオ「敵がいないとか、やる相手が
いないとか、どこ見ていってんの?
って感じなんだけど。私たちサンダ
ーロックっていうタッグをずっと組
んでるんだけど、ベストフレンズ?
あなたたちより私たちの方が絶対強
いっていう自信があります。(ブー
イング)そもそも、私2015年度
女子プロレス大賞、MVP受賞させて
いただきました。(大拍手と大ブー
イング)さらに! 私たちサンダー
ロック、ベストタッグ賞にもノミネ
ートされたんですよ。ベストフレン
ズの名前、どこにもなかったんだけ
どな。それでも最強っていうんだっ
たら、井の中の蛙っていう言葉、ピ
ッタリだと思うよ」
藤本「その言葉、あなたたちにピッ
タリですね」
イオ「じゃあ、ハッキリさせましょ
うよ。うちらはいつでもやってやろ
うって思っている」
藤本「ベストフレンズ対サンダーロ
ックとやら? わかりましたよ。ア
イスのリングでやります。それ相当
の舞台を私が用意してさしあげます
ので、きょうののところは帰ってい
ただけますか?」(帰れコールが発
生)
イオ「大丈夫です。言われなくても
帰ります、次の瞬間、私たちはこの
ベルト(ゴッデス・オブ・スターダ
ム)、どのベルトでもいいよ。タイ
トル懸けてぜひやりましょう。とい
うことで失礼しました。よろしく」
藤本「ベストフレンズ、結構届いて
るね! 私が最高の舞台を用意しま
す。皆さん、お察しつくと思います
が、ちょっとじらして、いつかの会
見で、お楽しみに。以上、ベストフ
レンズでした」
とマイクが終了。

CIMG7465

ついにアイスリボンのリングにス
ターダムのトップが来たわけだ。自
分のようなアイスリボンのファンで
スターダムを見ない層にはサンダー
ロックって言われてもわからないの
が正直なところ。外に出たことのな
いタイトルだし、チームだしという
のが率直な感想。
素晴らしいチームなんだろうなと
は想像できるが、その範囲でしかな
い見れる機会が必要かもしれない。
井の中の蛙がどちらなのかは近いう
ちにわかるだろう。今の段階ではよ
くわからんというのが精一杯だ。
.STAPに勝つことによってベスト
フレンズの強さは本当に証明された。
それは確かだ。異物が入り込んでき
た以上迎え撃たなきゃいけないのだ
けは確か。
藤本はぼやかしていたが、5月4
日だろう。それがハッキリするのは
その日をまずは待ちたいと思う。前
哨戦とかはまず考えにくいから。
ますますおもしろくなってきた感
じがするのは確かなのでなりゆきを
見守りたいと思う。さてどうなるこ
とやらである。そしてメインへと続
くのだ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。