1. TOP
  2. ProWrestling
  3. ICERIBBON
  4. アイスリボン818(2017.7.15)観戦記

アイスリボン818(2017.7.15)観戦記

アイスリボン818を観戦してきました。横浜リボン(2017.7.17)直前ということもあって、気合いの入った熱戦が繰り広げられました。

前説は藤本つかさと世羅りさ。
初観戦は4人。

<試合の感想>
☆第1試合 松本都vs.星いぶき
松本都の老獪さが際立った試合。新人の星いぶきもなんとか食いつこうとするのだが、なかなかさせてもらえない。でも力づくで押す場面もあり、母の星ハム子の血は争えないところか。新人のうちはぶつかっていけばいいのだと思う。途中星ハム子の介入もあったが、あまり展開とは関係なかった。

☆第2試合 弓李&尾崎妹加vs.藤田あかね&長崎まる子
GEKOKU娘のチームワークが上をいった試合だった。藤田あかねと長崎まる子はなんかちぐはく。まあその理由は座談会で明らかになるのだが。弓李が尾崎を終始サポートする展開で、パワーを活かした試合ぶりは良かった。尾崎にとっても藤田からの勝利で先輩越えを果たした嬉しい勝利となった。

☆第3試合 世羅りさ&星ハム子&華蓮 DATE vs.つくし&雪妃真矢&華 DATE
星ハム子復帰戦だったがやはりまだ復調途上だったか。横浜リボンでのベストフレンズとの試合に不安を残す内容になった。世羅りさと雪妃真矢の闘いはこの日は直接勝負には絡まなかったが、世羅のほうがいい感じに見えた。華蓮 DATEと華 DATEはやはり潜在能力が高いのが見て取れた。大人相手に華蓮 DATEが存在感で負けてないのがすごいと思った。最後はつくしが星ハム子をソフトクリームで丸め込み勝利。調子の良さをアピールしていた。

☆第4試合 テキーラ沙弥&トトロさつきvs.法 DATE & 直 DATE
連日の特訓の成果もあったのだろう。嬉しいTEAM DATEからの勝利をつかんだテキーラ沙弥。トトロとの連携もよくチームとしての結果には今後への期待をのぞかせる。一方の法&直も悪かったわけではなく勝負のあやだったと思う。だいぶプロレス慣れしてきたのは見えたのはプラスにとっていいだろう。丸め込みへの対応は苦手なのかもしれない。今は立ち技で勝機を見出したいところだろう。このライバル関係はこの先も見ものだろう。

☆座談会
藤田あかねが「タッグより今はシングルプレイヤーでやりたい」という希望を出し、それに伴い横浜リボンのカードが変更になった。対戦相手はこの日取られた尾崎妹加。TEAM DATEは法が取られたのが悔しい。チームで一体になっているのがいい。他のメンバーも横浜リボンへ向けて気合を見せた。

なお18日は直 DATEの誕生日ということもあり、サプライズでお祝いされた。

売店ではつくし選手とのツーショット。前日もSEAdLINNNGで勝って調子もいいのでいい笑顔いただきました。横浜に行けないというと残念そうにしてくれた。行きたいけどこればかりはどうにもならない。

この日は藤本つかさ抜きのカードだったがそれでも集客できるのは今アイスリボンが調子がいい証拠だろう。勢いを感じた道場マッチだった。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。