1. TOP
  2. ProWrestling
  3. ICERIBBON
  4. アイスリボン839(2017.9.30)観戦記 前哨戦!

アイスリボン839(2017.9.30)観戦記 前哨戦!

昨日はアイスリボン道場マッチを観戦。月末なのでシャッターリボンだったが、カメラを忘れるという失態。もったいない
ことをした。まあそんなことは関係なく、この日は10月9日の両国大会、10月29日の後楽園ホール大会に向けて重要な道場マッチ。熱戦が繰り広げられた。

客席は満席。欠場中のつくし選手もスタッフとしてキビキビと働いてた。気づいてくれて、笑顔を見せてくれた。話せないのでこれで十分。元気なのがわかれば大丈夫。

カードはこんな感じ。

世羅りさvs.長崎まる子の前哨戦に松本都?? 不穏な感じがしたがまあそれもアイスリボン。

前説は世羅とテキーラ沙弥。テキーラ沙弥は怪我で欠場。復帰は早そうで一安心。世羅はパートナーが松本都なのが不満の様子。対戦相手と一緒にボコすと不穏な発言。一波乱ありそうな感じ。

初観戦は8名。Youtubeを観て観戦に来たそう。

試合の様子を見てみよう。

☆第1試合 藤本つかさ&星いぶきvs.松屋うの&華蓮 DATE
歳の差20歳同士のタッグ。星いぶきと華蓮 DATEの闘いに目がいく。若い選手のバチバチとした闘いは見ていて気持ちいい。年上のお姉さんも負けてはいない。藤本つかさの動きがいい。松屋うのもいい感じだった。最後は藤本つかさが松屋うのを仕留めて勝利。長い付き合いのチームが勝った。

☆第2試合 雪妃真矢vs.弓李
 渋いサブミッションの争いになった。こういう試合が見られるのはいいことだ。10分じゃ短いような気がしたが最後は雪妃真矢がアイシクル・バックトライアングルで弓李からギブアップを奪った。

☆第3試合 トトロさつき&直 DATEvs.星ハム子&法 DATE
トーナメント準決勝進出を決めている3名のタッグマッチ。トトロさつきと直 DATEが組むたびに良くなっている。星ハム子も法 DATEを引っ張って頑張るが、最後は直 DATEが法をファルコンアローで決めて、前哨戦を制した。

☆メインイベント 世羅りさ&松本都vs.長崎まる子&宮城もち
 10月9日のICEx∞の前哨戦。松本都のペースに翻弄される長崎まる子。世羅りさも巻き込まれる。宮城もちは慣れた感じで試合を進める。しかし、自分のペースを取り戻した長崎まる子が猛攻を開始。まる投げ、丸め込みなどで攻め込む。しかし世羅りさを追い詰めるまでにはいかない。相手を松本都に切り替えて、猪突猛進で丸め込んで勝利をつかんだ。

☆座談会
 10月9日の両国KFCで柊くるみの復帰戦が決まった。復帰戦は全員10代の柊くるみ&華蓮 DATE&朝陽vs.法 DATE&星いぶき&弓李の6人タッグとなった。そして海外遠征中の藤田あかねの復帰戦も決まり、藤田あかね&雪妃真矢vs.尾崎妹加&豊田真奈美が決まった。長崎まる子がタイトルマッチへの意気込みを語るも、世羅りさからはダメ出し。もっと超猛スピードでぶつかってこいと逆に檄を飛ばされる。また華蓮 DATEが「組長(藤本つかさ)とシングルやりたい」とアピール。近々実現するだろう。10月の試合が楽しみになった道場マッチだった。

☆バースデーポラ
 9月27日が自分の誕生日だったこともあり撮影してもらった。
 

 そしてミニポートレートに世羅りさ、藤本つかさ選手からメッセージをいただいた。感謝。

 見どころの多い道場マッチで観に行ってよかった。



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。