1. TOP
  2. HORSERACE
  3. JRA
  4. フェブラリーS(2018.2.18)の予想

フェブラリーS(2018.2.18)の予想


まず第一に考えなければいけないのは、地方交流のグレードレースとは異種のレースであることだ。地方実績は無視しろとまではいけないが中央のグレードレースで結果を出してないと勝ち切るのは難しい。そこを踏まえて予想に臨みたい。

◎ゴールドドリーム
○サンライズノヴァ
注テイエムジンソク
▲ノンコノユメ
△インカンテーション
△ケイティブレイブ
△レッツゴードンキ

<見解>
冒頭でも述べた通り、中央実績が無いか、遠ざかっている馬は予想から外した。◎ゴールドドリームは昨年の最優秀ダート馬。実力最上位で考えていいだろう。東京も得意で人気でも本命。しかし出遅れ癖のリスクヘッジはしておきたい。○サンライズノヴァはここにきて力をつけている4歳馬。大外に入ってしまったが邪魔されなくていいだろう。鞍上含め信頼度は高い。注テイエムジンソクも実力はトップクラス。先行でレース運びができるところに好感が持てる。注にしたのは前に行った分のリスク。▲ノンコノユメは根岸Sがよかった。今なら1400〜1600mの方がいいかもしれない。いつ走るかわからない馬だが外すには惜しい馬。△インカンテーションは東京1600m得意。思い切ったレースができたときのケイティブレイブ。逃げ切り期待のレッツゴードンキまで手を広げたい。地方馬ララベルは引退レースというので予想には入れないが応援馬券を買って見届けたい。

<思い出>
メイセイオペラの勝利から19年経つんだそうだ。その瞬間を自分は仲間と東京競馬場に行って、勝った瞬間「イサオコール」をした記憶がある。今となっては懐かしい思い出だ。地方から彼を超える馬は未だ出ていないが、今年はララベルが挑戦してくれるのが嬉しい。このチャレンジが続くことを願う。




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。