1. TOP
  2. ProWrestling
  3. ICERIBBON
  4. アイスリボン横浜文体大会 藤本つかさ、星ハム子、松本都デビュー10周年興行(2018.8.26)

アイスリボン横浜文体大会 藤本つかさ、星ハム子、松本都デビュー10周年興行(2018.8.26)

昨日はアイスリボンの横浜文化体育館大会を観戦。今年はプロレスにあまり行けてないので、この大会だけは絶対行こうと決めていました。ほんとはAKBの握手会の券もあったんだけど、1部、2部で朝早かったのでさすがに断念。幕張メッセから横浜への移動は厳しかったね。(誰の券かは内緒だ……)

まあこの選択は正解だったんだけど。

横浜文体、お客さん入ったね。1779人だそうで、アイスリボン最高記録らしいですね。それだけの価値はあったわけだね。

試合の内容はいろんな人がいろんな視点で書いてるだろうから、あえて書かないけど、いろんなハッピーが生まれていた大会だった。

藤本つかさ選手、星ハム子選手、松本都選手の10周年。三者三様のプロレス観が見れて興味深かった。それが表れた興行でもありましたね。

アイスリボンを観に行ったのは3月以来だったので、プロレスのそれ以来だから、そんなに長くないスパンだったけど見えた風景は違ったのか? まあ移り変わりが早いのがアイスリボンだから不思議ではないんだけどね。

でも、変わらないのは選手の皆さんの神対応ですね。それが続く限りアイスリボンの好況は続くのかなと感じました。「女子プロレスの全盛期」ーー藤本つかさ選手なら作っちゃうのかな、いや作ると感じた大会でした。

体制もメインのICEx∞を争った雪妃真矢選手が選手会長に。そして豊田真奈美さんがスーパーバイザーになって支える体制もできたしね。それがうまく回ればいいのかな。ますますのご発展を願うばかりです。

写真はV2を決めた藤本つかさ選手と、一層盛り上がるためにはもっと頑張ってほしいつくし選手とのツーショット。

ICEx∞の防衛に成功した藤本つかさ選手と筆者のツーショット
アイスリボン全盛期を作るためにも、もっと頑張ってほしいつくし選手と筆者ツーショット。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。